冷えると脚やせを邪魔してしまう理由

冷えは万病の元とも言われているように、体を冷やす事は健康面でもデメリットが多くなります。
熱中症や急な発熱のように冷やす必要がある時以外は、体が冷えないようにするのも大切な事です。

体が冷える事で起こりデメリットの中には、脂肪を蓄えようとする体の働きがあります。
冷えたり栄養不足になったと脳が判断すると、命を守るために蓄えモードに切り替えるよう命令を下します。

本当に飢餓状態のような場合は役立つ機能ですが、見方を変えれば太りやすく痩せにくい体質になるという事になります。
脚やせをしたい時に、体が蓄えモードになっていると、どんなにダイエットやエクササイズをしても効果が期待できません。

特に女性は子宮や卵巣を守るために、お腹周りや下半身に脂肪がつきやすくなっています。
このため冷え性の人はどうしても痩せにくく脂肪を蓄えやすい体質になっている傾向があります。

脚やせに限らずダイエットを成功させるには、冷えを解消する事が大切です。
冷えを取り体を温める事で、血行不良が改善され細胞の働きも活発になります。
これにより基礎代謝も上がって行き、脂肪を燃えやすい体質に変える事ができます。
脚やせも同じで、冷えを取る事ができれば、脂肪を蓄える力よりも燃やす力が上がるので痩せやすくなるのです。

脚やせのように部分やせは難しいと思われていますが、体を冷やさないよう注意しながら進めていけば不可能ではなくなります。
脚やせについて効果的な方法を紹介します。



≪Special Link≫
脚やせを成功させ美脚になった方たちを紹介している脚やせ専門エステ「リフィート」のサイトです → リフィート 美脚

Copyright © 2014 冷え取りで脚やせ! All Rights Reserved.